未分類

【社労士試験2年目】講座や勉強方法、みんなどうしてる?

1年目は資格予備校の講座を受講したけれど、2年目はどうしよう?

そう思っている人はおおいのではないでしょうか。

1年目の教材には書き込みもあるし、金銭面からもそのまま使いたいのが本音。

だけど、法改正やトレンドのことを考えると、新しい知識を得るべく、予備校講座を再度申し込みたいところではありますよね。

私も色々考えましたが、結論としては、「問題集だけは、最低限、新調すべし!」というところに落ち着きました。

テキストはまだしも、問題集までも昨年度のものを使うのは絶対にナシです!!

その考えに至るまでに、色々パターンを検討しました。

最終的に2案残ったのですが、どちらもメリット・デメリットがあるので、私の思うところを書きますね。

  1. 問題集のみ新調する
  2. 予備校講座を受講し直す

 

問題集のみ新調する

メリット:金銭面の節約

デメリット:テキストとの連携

⇒同じシリーズのテキストも購入し直した方が良い。

予備校講座を受講し直す

メリット:最新情報が手に入る。

デメリット:お金がかかる、去年までの書き込み等が勿体ない

社労士試験2年目におすすめの予備校講座

そこそこ知識がある人向けの講座を紹介します。

択一35点以下の場合、もう一度基礎講座を申し込んだ方が良いかも。各社そういうイメージ。基礎講座だけで合格する人もいるんだものね。